脂肪吸引後の圧迫着はなぜ必要? 部位別の種類と着用期間も併せてご紹介

脂肪吸引後の圧迫着はなぜ必要? 部位別の種類と着用期間も併せてご紹介

脂肪吸引後のケアとして大切な圧迫着ですが、「きつそう……」「痛そう……」といった印象をお持ちの方も少なくないと思います。
脂肪吸引を検討されている方の中には、そもそもなぜ圧迫着が必要なのか?と、疑問を感じる方も多いのではないでしょうか。
この記事では、圧迫着が必要な理由、部位別の種類や着用期間について詳しく解説します。また、脂肪吸引の圧迫着販売を行うリポサポ開発部がおすすめする「適切な圧迫着の選び方」もご紹介していますので、是非ご覧ください。

※医学的な知識が必要な部分に関しては、脂肪吸引専門「モッズクリニック」の長野ドクターに監修いただいております。

 目次

  1. 脂肪吸引後に圧迫着を着る理由
  2. 脂肪吸引後はどんな経過を辿る?
  3. 【部位別】圧迫着の種類と着用期間
  4. 脂肪吸引の圧迫着選びで大切なこと
  5. まとめ

脂肪吸引後に圧迫着を着る理由

もし圧迫をしないとどうなるのか? 圧迫を強くし過ぎた場合のリスクはないのか? と疑問に思っている方は多いはず。その理由が分かれば、「圧迫着の目的」もご理解いただけると思います。

圧迫しないとどうなる?

ダウンタイムが長引いたり、症状が強く出たりする可能性があります。というのも、圧迫着は術後のダウンタイム「痛み」「腫れ」「内出血」「むくみ」を緩和する効果が期待できるからです。
なかには「圧迫着=仕上がりを綺麗にするもの」と認識されている方もいるようなのですが、それは誤解です。ダウンタイム緩和のために行うものであって、仕上がりを綺麗にするものではありません。

圧迫が強過ぎるとどうなる?

皮膚と圧迫着の摩擦により、「かぶれ」や「痒み」が生じる場合があります。さらには、皮膚を強く掻いてしまうと、水ぶくれができ、色素沈着が残ってしまう可能性もゼロではありません。
また、手術後の身体は水分代謝が低下するため、むくみが生じやすくなります。つまり、身体の血行を良くする必要があるということです。
過度な圧力は血流を妨げ、ダウンタイムの回復を遅らせる原因にもなります。きつい場合はもちろん、ゆるい場合もクリニックに相談しましょう。

脂肪吸引後はどんな経過を辿る? 

圧迫着の必要性についてはご理解いただけましたでしょうか。続いては、術後の経過ごとに生じるダウンタイムについてご説明します。

手術当日

術直後は「腫れ」と「むくみ」の症状が現れます。麻酔が抜け切るまでには時間がかかるので、「痛み」を感じる方は少ないでしょう。
この腫れを抑えるために重要なのが、圧迫固定です。圧迫により腫れを物理的に抑えることができ、症状の緩和に効果的です。
また、むくみは手術時の麻酔液やリンパ液、血液が皮下脂肪のあったスペースに溜まってしまうことが原因で起こります。圧迫固定でそのスペースを埋めることで、体内への停滞を防ぐ効果が期待できます。

手術翌日

手術翌日には「痛み」と「内出血」が出てきます。
痛みの感覚は「強めの筋肉痛」と例えられ、脂肪の吸引量が多いほど、痛みが強くなる傾向にあります。
圧迫固定には痛みを和らげたり、内出血を緩和したりする効果もありますから、圧迫着の着用は欠かせません。

術後1週間

「痛み」と「腫れ」が落ち着き、「むくみ」と「内出血」がピークを迎える時期です。部位や吸引量により差はありますが、いずれも、術後2週間頃には消えていきます。
むくみが特に辛いこの時期も、圧迫固定を続けることで、症状の回復を早めることができます。

術後1ヶ月

多くの方がイメージされるダウンタイム「内出血」や「痛み」などが消失し、この頃には「拘縮(こうしゅく)」という症状が見られるようになります。
拘縮とは、元々脂肪があった場所と皮膚のスペースを埋めるため、皮膚組織同士がくっつこうとして起こるダウンタイムです。皮膚の表面がでこぼこしたり、つっぱり感があったりするので、不安に思われる方も多いのですが、これは身体の正常反応であり、拘縮が治まるにつれて細くなっていきます。
圧迫着の着用に関してですが、術後1ヶ月の時点でまだ「むくみ」を感じる場合は、着用を継続しましょう。

術後3ヶ月〜6ヶ月

脂肪吸引が完成するのは、拘縮が完全に落ち着く術後6ヶ月頃です。
吸引量が少ない顔や二の腕は、術後3〜4ヶ月頃には拘縮が落ち着くこともあります。

【部位別】圧迫着の種類と着用期間 

ここでは、各部位の脂肪吸引後に必要な圧迫着と、着用期間の目安をご紹介します。
圧迫着の着用期間はクリニックによって異なるため、あくまでも目安としてご覧ください。

顔の脂肪吸引後は、頬から顎を圧迫できるフェイスバント(フェイスサポーター)を着用します。顔は人目が気になる部分のため、帽子や大きめのマスク、冬ならマフラーなどで隠すと良いでしょう。
着用期間に関しては、手術当日は1日着用のケースがほとんど。翌日以降は、術後3日までの着用を推奨している所が多い印象です。

二の腕・肩

二の腕・肩の場合、「サポーター」もしくは「ボレロ」で、圧迫固定を行います。
サポーターは、袖に腕を通すことで着用できるタイプで、アームカバーを長くしたようなイメージです。
一方のボレロは、胸元が大きく空いた前開きのデザインになっており、フロントのホックで着脱するものが多く販売されています。サポーターに比べて圧迫範囲が広く、脇の付け根から肘下、背中まで幅広く圧迫できるのが特徴です。
着用期間に関しては、むくみの症状が治まる術後2週間〜1ヶ月頃まで続けるのがおすすめ。むくみが緩和され、楽になります。

お腹・腰・ウエスト

お腹周辺の圧迫固定は「ウエストニッパー」や「ボディスーツ」などで行います。
ウエストニッパーは、バスト下から腰下まで圧迫できる「腹巻き」のような形状で、フロントのホックで着脱可能なタイプが多いです。
ボディスーツは、水着のようなデザインで、お腹や腰のウエスト周り、背中をカバーします。
お腹の場合、顔や二の腕に比べて吸引量が多く、むくみを感じる方も多いでしょう。1ヶ月、もしくは無理のない範囲で3ヶ月ほど圧迫を続けるのがおすすめです。

太もも・ふくらはぎ・お尻

太もも・ふくらはぎ・お尻の圧迫には「ガードル」が用いられます。
これは足元からお尻までカバーするスパッツのような形をしていることが多く、下半身を広く圧迫できるのが特徴です。丈の長さは商品によって様々ありますが、太もものみの脂肪吸引であっても、なるべく足首までカバーできるガードルを選ぶのがおすすめです(重力の影響で、足先にむくみが出やすくなるため)。
術後1ヶ月以降は「着圧タイツ」や「着圧ストッキング」などと併用しながら、むくみの状態に合わせて、圧迫を続けていただくのが理想的です。

脂肪吸引の圧迫着選びで大切なこと 

圧迫着をご自身でご用意される場合、どのような圧迫着を選ぶのが良いのでしょうか。
ここでは「適切な圧迫着を選ぶ上で大切な3つのポイント」をご紹介します。

均一な圧迫ができる

圧迫着は、患部全体を均一に圧迫できるものがおすすめです。そこで重要になってくるのが、圧迫力。
例えば、市販の着圧インナーは、部位によって圧力が異なる作りのものが多く販売されています。実は圧迫固定時、圧迫の強さにムラが生じる商品は、脂肪吸引後の身体に適しません。なぜなら、圧の弱い部分にむくみが集中してしまうからです。
むくみをしっかりケアするためには、各パーツにかかる圧力が一定のタイプを選ぶと良いでしょう。

跡がつきにくい

圧迫着を脱いだ際、生地の縫い目が跡になって残ることがあります。跡が強く残ってしまうと治るまでに時間がかかるため、「このまま消えないのでは?」と不安を抱える方も多いでしょう。
そのような不安を抱えないためには、「生地の伸縮性」と「縫い目の位置」を確認しておく必要があります。お洋服でも伸縮性のない硬い生地だと、着用時に跡がつきやすいですよね。
また、縫い目や商品タグが外側についている圧迫着は跡がつきにくくておすすめです。

着脱しやすい

ダウンタイム中に身につけるものだからこそ、着脱のしやすさにも目を向けるべきです。
例えば、ガードルの場合、着脱を手助けするファスナーやホックがついたタイプが販売されています。なかには股の部分に布がないものや、ボタンで開閉できるタイプもありますので、圧迫着を選ぶ際はチェックしてみてください。

まとめ 

脂肪吸引後のダウンタイムを緩和するには「圧迫着」が欠かせません。ご紹介した通り、圧迫着には様々な種類があります。術後の経過やタイミングに合わせて、無理なく圧迫を続けられるものを探してみてくださいね。

当店で販売している「リポサポ」は、“ダウンタイムを少しでも楽に”という想いで開発された、脂肪吸引専用の圧迫着です。
脂肪吸引を専門に行うクリニックのドクター、看護師さん、そして患者様から寄せられた声をもとに、従来品の改良を重ねました。
脂肪吸引を受ける方が「安心」してお使いいただけるよう、品質と機能性にこだわった圧迫着ですので、気になった方はぜひ公式オンラインショップをご覧ください。

<公式オンラインショップはこちら

脂肪吸引専用圧迫着「リポサポ」のパッケージ
ブログに戻る

このコラムに関する監修医師

長野寛史 院長

モッズクリニック 院長長野寛史

ダウンタイムの軽い脂肪吸引を実現し
「脂肪吸引の常識を変える」名医。症例実績10,000例以上。

経歴

  1. 1982年岩手県生まれ
  2. 2006年東京慈恵会医科大学医学部 卒業
    亀田総合病院 入職
  3. 2008年東京慈恵会医科大学 入職
  4. 2012年THE CLINIC 入職
  5. 2013年THE CLINI 福岡院 院長 就任
  6. 2015年THE CLINIC 東京院 院長 就任
  7. 2016年モッズクリニック 開院

所属学会・資格

Featured collection