脂肪吸引後の圧迫固定をしないとどうなる?【医師が解説】

脂肪吸引後の圧迫固定をしないとどうなる?【医師が解説】

 脂肪吸引をした後は、包帯や着圧着で患部を圧迫する必要があります。これを「圧迫固定」と呼ぶのですが、どの部位の脂肪吸引においても、術後の圧迫固定は必須です。

これから脂肪吸引を受ける方の中には、圧迫固定を面倒に感じていたり、職業柄、長時間着けることができなかったりする方もいらっしゃるでしょう。そもそも、なぜ脂肪吸引には圧迫固定が必要なのでしょうか。
脂肪吸引後の圧迫固定で得られる効果と、固定をしなかった場合に起こりうる状態、着用が必要な期間についてお話しします。

※医学的な知識が必要な部分に関しては、脂肪吸引専門「モッズクリニック」の長野ドクターに監修いただいております。

 目次

  1. 脂肪吸引後の圧迫固定の必要性
  2. 圧迫固定が必要な時期
  3. 脂肪吸引後の圧迫固定をしないとどうなる?
  4. 長期にわたって圧迫固定をする場合の注意点
  5. 脂肪吸引の圧迫着なら、線がつきにくいタイプが安心!
  6. まとめ

脂肪吸引後の圧迫固定の必要性

脂肪吸引をすると、脂肪を取り除いた場所と皮膚の間にスペースが生じます。そのスペースを埋める且つ、ダウンタイムを軽減するために必要な術後ケアが「圧迫固定」とお考えください。

腫れを抑える

脂肪吸引では「カニューレ」と呼ばれる吸引管を挿入し、脂肪細胞を除去していきます。術後に腫れが生じてしまうのは、カニューレを往復させながら脂肪細胞を除去していく操作によって、脂肪の周辺組織である血管や線維組織がダメージを受けるためです。
特に術後3日ほどは腫れが強く出ますので、腫れを物理的に抑えるためにも、患部を圧迫固定する必要があります。

内出血を抑える

腫れと同様、カニューレ操作によって生じる炎症が原因で起こります。加えて、取り除いた皮下脂肪と皮膚の間に血液が溜まり、皮膚表面側に移動してくることも原因のひとつです。
基本的に、症状を緩和させるには時間経過を待つしかありませんが、圧迫固定には止血効果があります。つまり、圧迫固定によって内出血の程度を抑えることが可能ということです。

むくみを和らげる

脂肪吸引後は体が水分を溜め込みやすく、むくみを感じやすい時期。それだけでなく、手術で用いる「麻酔液」が水分として体内に蓄積され、むくみが生じます。
圧迫固定は、このようなむくみを抑える手段として非常に有効です。手術によって余ったスペースと皮膚を埋めることで、体の水分停滞を防ぎ、むくみを和らげます。

痛みを和らげる

脂肪吸引を受けるクリニックによって時期は様々ですが、通常は3日〜1週間ほど痛みが続きます。原因は、手術によって患部が傷つき、身体がダメージを受けるためです。
その痛んでいる患部を圧迫すると、無駄な動きを抑制したり、何かに触れた時にクッションの役割になったりと、痛みを和らげる効果が期待できます。

圧迫固定が必要な時期

続いて、脂肪吸引後の圧迫固定が必要な時期について解説しますが、圧迫固定の考え方は医師によって様々です。そのため、一般的なクリニックと私のクリニックの場合で分けてご説明します。

【一般的なクリニック】3週間〜1ヶ月程度が多い

一般的なクリニックの定義とは、脂肪吸引以外にも二重整形や鼻の形成、フェイスリフトやレーザー治療など、美容外科領域の施術を幅広く行なっているところを指します。
そういったところはまだ新しいやり方が浸透しておらず、脂肪吸引に対する考え方や手術方法などが昔のままだったりします。そのため、部位にもよりますが、最低でも3週間〜1ヶ月程度の圧迫固定を続けるように指示していることが多いようです。

【モッズクリニック】基本は1週間

ダウンタイム中の症状を抑えるという意味では、術後1週間の着用で十分です。
お仕事をされている方はなかなか着ける時間がないと思いますので、当院では、翌日以降はなるべく着けていただく形でお願いしています。むしろ、当日しっかりと着けていただければ、翌日以降は夜のみの着用でも問題ありません。
圧迫固定の期間は、脂肪吸引のやり方やダウンタイムの程度、圧迫固定に対する考え方によって差が出るものです。ダウンタイムを抑える工夫をしている当院だからこそ、圧迫着着用の期間も短期間で済ませることができます。

むくみが気になる場合は長く着けても問題ない

吸引量が多いお腹や太ももは、顔や二の腕と比べてむくみが長引きやすい部位です。特に太もも(下半身)は、脂肪吸引していなくてもむくみを感じやすい部位。気になってしまう方は、1ヶ月ほど着圧を続けても問題はありません。
しかし、圧迫固定を長く続けたからと言って仕上がりが綺麗になるわけではないので、その点はご理解ください。圧迫を頑張ること自体は悪いことではないので、術後1週間以降は「むくみが取れたら良いな」くらいの感覚で着用すると良いでしょう。

脂肪吸引後の圧迫固定をしないとどうなる?

前提として、脂肪吸引後の圧迫固定は必須です。ダウンタイム軽減のためにも、術後〜1週間はなるべく患部を固定しましょう。
また、圧迫固定には、元々脂肪があったスペースと皮膚を埋める効果がありますから、「圧迫固定を怠ると皮膚が余り、たるみや凸凹が生じる」との見解を持つ医師もいますが、私自身はそう思いません。
なかには、術後に凸凹ができてしまった時に「圧迫してないから凸凹になった」と担当医から言われる方もいらっしゃるようですが、それは嘘です。手術の責任は医師にあるものですから、圧迫固定の長さと仕上がりの美しさは比例しません。

長期にわたって圧迫固定をする場合の注意点

脂肪吸引後の圧迫固定を一刻も早く外したいとお考えの方もいれば、長く着けていた方がむくみが取れて安心できるとお考えの方もいます。もし後者の考えをお持ちの場合は、注意をしながら圧迫を続けましょう。
特に、お腹の脂肪吸引をされる方に注意していただきたいのが、姿勢です。圧迫着を着けた状態で姿勢が悪い状態が続くと、圧迫着の線が入ってしまいます。すぐ消えれば良いのですが、拘縮(ダウンタイム)中は皮膚が硬く、一度付いた線は消えるまでに時間がかかるので、ご注意ください。
普段の生活の中でも大切なことですが、脂肪吸引後は特に正しい姿勢を心がけましょう。

\脂肪吸引の圧迫着なら、線がつきにくいタイプが安心!/

ありそうでなかった、縫い目が外側の圧迫着が登場。

まとめ

美容クリニックや医師、施術部位によって見解は異なるものの、圧迫固定の期間によって皮膚が凸凹する(仕上がりに影響する)ようなことはないそうです。
圧迫着を着ける上で注意すべきは、姿勢。圧迫着の跡がついてしまわないよう、正しい姿勢を心がけてくださいね。
当社が取り扱う脂肪吸引後専門の圧迫着『リポサポ』は、脂肪吸引を行なう医師や実際の患者様からいただいた意見に基づいて開発されました。圧迫着の跡がついてしまうリスク・ストレスを軽減し、快適な着心地の圧迫着をご提供します。

ブログに戻る

このコラムに関する監修医師

長野寛史 院長

モッズクリニック 院長長野寛史

ダウンタイムの軽い脂肪吸引を実現し
「脂肪吸引の常識を変える」名医。症例実績10,000例以上。

経歴

  1. 1982年岩手県生まれ
  2. 2006年東京慈恵会医科大学医学部 卒業
    亀田総合病院 入職
  3. 2008年東京慈恵会医科大学 入職
  4. 2012年THE CLINIC 入職
  5. 2013年THE CLINI 福岡院 院長 就任
  6. 2015年THE CLINIC 東京院 院長 就任
  7. 2016年モッズクリニック 開院

所属学会・資格

Featured collection